*
動物たちに恵方巻をプレゼントしました!
無病息災を願って節分に食べる恵方巻き。のいち動物公園では毎年動物たちに飼育係特製の恵方巻をあげています。

マレーグマの恵方巻きの中身は のり・パン・肉食動物用ソーセージ・煮サツマイモ・リンゴ・みかんです。のり以外は普段の餌と同じものです。
p1190184_000.jpg
恵方巻きを食べようとタオチイ(メス)が木に上ると、目の高さまでやってきて近くで観察できます。これが当園のマレーグマ展示場の素敵なところなのです。(節分の日でなくても、ジュースタイム土日祝日15:10〜に見られます。)そこへ恵方巻きを竹の棒で渡しますと、においをかいでくわえ、そのまま木から下りて食べました。一方、ワンピイ(オス)は床に立 って待ち、そこまで竹の棒をのばしますと受け取りました。2頭とも残さずに食べましたので一安心です。
2頭は大変仲の良い夫婦で、今までに6頭の子どもが育ち、共に21歳になります。年齢に負けず元気でいてもらいたいものです。
p1190187_000.jpg P1010499_000.JPG
タオチイ ワンピイ
またアミメキリンの親子、リンタロウ(父)とイブキ(子)にはニンジンと青草をかんぴょうで巻いた変わり恵方巻を準備しました。このほか、まだ哺乳中のイブキには恵方巻風に飾り付けされたほ乳瓶でミルクを与えるという楽しい演出も。いつもと違う様子に2頭はソワソワしつつも臆することなく恵方巻をおいしそうに食べて(飲んで)くれました。
P1010550_000.JPG
「うまうま〜」
P1010523_000.JPG P1010540.JPG
恵方巻き仕様の哺乳瓶 まだ哺乳中といってもこんなに大きいのです!
 動物たちがこれからも健康で元気に過ごせますように!