header_info.jpg 高知県立のいち動物公園
飼育動物紹介
エジプトルーセットオオコウモリ
ejp.jpg
ワシントン条約による分類 -付属書Ⅱ-
英名 Egyptian Rousette Bat
学名 Rousettus aegyptiacus
分類 翼手目 オオコウモリ科
分布 アフリカ、中東
体重 100〜150g
大きさ 翼を広げると30〜40cm
動物説明
 洞窟やマングローブの林などに群ですみ、体毛はビロード状で、飛ぶ為の皮膜のついた手にかぎづめをそなえた親指があります。オオコウモリは明るい場所では視覚によって食べ物を探します。その中でもルーセットオオコウモリは、ねぐらにしている洞窟内など暗い場所では超音波を発して返ってくる音で物の位置がわかる反響定位(エコロケーション)も使うことができます。
みどころ
 なんといっても、給餌時間です。エサを入れたトレイを床に置くとコウモリたちが一斉に群がり、くわえて舞い上がります。そして、思い思いの場所に止まって餌を食べ終わると再び舞い降りてきます。鍾乳洞を再現した展示場の中を、250頭のコウモリが飛び回る光景は圧倒的な迫力です。
ウラ情報
ルーセットオオコウモリの生まれた子どもは、乳歯やとがった爪がすでに生えているので、すぐに母親の胸にしがみつき、乳首をくわえます。体が大きくなるまで母乳で育ちます。岩につかまれる様になると、母親が餌を食べている間、逆さまのまま、お留守番するようになります。そして1ヶ月頃よりやっと自分の翼で飛べるようになります。こうして増えたコウモリは、一年に一回飼育係が全頭捕獲して数を確認します。
1日の食事
オレンジ 6個 食パン バナナ 80本 リンゴ 蒸したサツマイモなどを与えています。
野生ではバナナ、マンゴーなどの熱帯の果実を主食とし、他に花や花密なども食べます。

熱帯の森 *飼育動物一覧へ
*エジプトルーセットオオコウモリ
*シロテテナガザル
*フラミンゴ
*ワオキツネザル
*チンパンジー
*ルリコンゴウインコ
*キンカジュー
*メンフクロウ

main_03.jpg