header_info.jpg 高知県立のいち動物公園
飼育動物紹介
マレーグマ
marep.jpg
ワシントン条約による分類 -付属書I-
英名 Malayan Sun Bear
学名 Helarctos malayanus
分類 食肉目クマ科
分布 中国南部、マレー半島、タイ、ミャンマー、スマトラ、ボルネオ
体重 80kg
体長 約120cm
動物説明
 東南アジアの熱帯雨林に生息し、クマ科の中では最も体の小さな種類で、ブルドッグのようなしわが額にあります。前足の鋭く曲がった長い爪を使って得意の木登りをしたり、シロアリの巣を壊して出てきたアリを、とても長い舌で器用になめとります。
1日の食事
バナナ、リンゴ、オレンジ、食パン、ゆでたサツマイモとニンジン、ゆで卵、クマ用ペレット、動物用ソーセージ、ヨーグルトです。
マレーグマ展示場
若いころは木に登っていたのですが、最近はバリアフリー化で設置した台にのぼっています。 mare-tenjijou_000.JPG
個体情報
名前 性別 生年月日 性格・特徴

chelsy_001.jpg

ワンピイ

オス
1994
顔や胸の部分がオレンジ色っぽい。タオチイにとても優しく、嫌がることはしません。
ジュースタイムの時に立ち上がり手も構えるので、毛の生えていない手のひらがよく見えます。

chelsy_001.jpg

タオチイ

メス
1994
優しい顔で白っぽく、鼻のピンク色が目立ちます。今までに6頭の子どもを育て、子どもたちは日本各地の動物園で活躍しています。

ジャングルミュージアム *飼育動物一覧へ
*ミナミコアリクイ
*カピバラ
*フタユビナマケモノ
*マレーグマ
*ウンピョウ
*ビントロング
*オニオオハシ
*アカハナグマ
*東南アジア爬虫類
*南米爬虫類・両生類

main_03.jpg