header_info.jpg 高知県立のいち動物公園
icon_blog.png飼育日記一覧
ジェンツーペンギンの飼育日記|3日齢・1日齢まで
*158日齢・156日齢まで
*90日齢・88日齢まで
*47日齢・45日齢まで
*14日齢・12日齢まで
*8日齢・6日齢まで
*3日齢・1日齢まで

2013年6月15日と17日に、ジェンツーペンギンのヒナが2羽誕生しました!
体長11cmほどの小さなヒナがグングンと成長していく様子や、カイ父さんとメイ母さんの子育ての様子をご紹介します。
仲良く並んで 6月18日/3日齢・1日齢
penguin-007.jpg penguin-008.jpg
ようやく雛の姿をしっかりと見ることができました!
右側で寝ているヒナが、先に孵化した子です。身体が少し大きいですね。
小さい方のヒナがすくすくと育ってくれるか心配です。
2羽目もフ化!! 6月17日/2日齢・0日齢
第2卵もフ化しました!!(抱卵日数:35日)
今日もヒナの姿はなかなか見えません。
フ化しました!! 6月15日/0日齢
フ化した翌朝、ヒナは元気か確認するまでドキドキです。カイのお腹の下でスヤスヤと寝ていました。しかも、ヒナの頭の横にある第2卵の嘴打ちが始まっていました!!(抱卵日数:36日)
penguin-006.jpg 黄色い円の中に、寝ているヒナと卵がみえます。ヒナの頭のすぐ左横に、嘴打ちで開いた穴が見えます。
嘴打ち(はしうち)開始! 6月14日
第1卵のフ化予定日に、その卵の嘴打ち(はしうち=ヒナが卵を割り始めること)が始まりました!中からは「ピーピー」とヒナの声が聞こえてきます。
ニワトリの卵より硬い殻をしたペンギンの卵。それを嘴でカツカツと突きながら外の世界に出てくるのですが、あの小さな体のどこにそんなパワーがあるんだろうと感心してしまいます。
penguin-004.jpg penguin-005.jpg
カイもメイも、嘴打ちの始まった卵を気にして、何度ものぞき込んでいました。
金の卵 5月10日
第1卵を産卵しました!その3日後には第2卵も加わり、一生懸命温めています。
4月からペンギン担当になった私は、今年も卵を生んでくれるだろうかと心配する毎日だったので、白い卵が金色に輝いて見えました。 孵化予定は、35日後の6月14日と17日です。
penguin-003.jpg お腹の下で、大事に卵を温めます。この時、抱卵嚢(ほうらんのう)といわれる羽毛の生えていない肌の露出したところに卵をあて、直接温めます。その周りも羽毛で覆われているので、室温11℃の寒い部屋でも卵はぬくぬくです。
今年もようやく 4月18日
昨年の今頃には、卵を生んで温めていたカイ(♂)とメイ(♀)。
今年は1ヶ月遅れで交尾を確認し、4月25日から巣材となる石やウッドチップを運び始めました。
penguin-001.jpg
チップをくわえて運んでいます。
penguin-002.jpg
立派な巣が出来上がりました!
*158日齢・156日齢まで
*90日齢・88日齢まで
*47日齢・45日齢まで
*14日齢・12日齢まで
*8日齢・6日齢まで
*3日齢・1日齢まで
main_03.jpg
icon_blog.png飼育日記一覧