header_info.jpg 高知県立のいち動物公園
icon_blog.png飼育日記一覧
チンパンジー ミルキーの飼育日記|はじめに

*はじめに
*生後日数0日の日記

*人口哺育について考える

*1歳の誕生日をむかえるまで

*2歳の誕生日をむかえるまで

*食べる


はじめに

breed016-001.jpg

2014年7月14日チンパンジーのミルキーは1歳の誕生日をむかえ、その前日の7月13日には「ミルキーの誕生日会」を行いました。


ミルキーが暮らす展示室の前にメッセージボードを設置して皆さんにお祝いのメッセージカードを書いていただきました。さらに飼育担当者より「ミルキーの成長記」、滋賀県立大学・竹下秀子教授より「日本に生まれたチンパンジーを大切に育てる」という2つの記念講演を行いました。
ミルキーが人工哺育で育てられることになってから1年間、その成長の様子をほとんどお知らせしてこなかったのには理由があります。ミルキーが成長するにつれて通常のチンパンジーの子供と比較して発達の遅れてがあることに気づきました。

そこでヒトとチンパンジーの比較発達研究の専門家である滋賀県立大学・竹下秀子教授のご協力を得て発達検査を実施し、ミルキーの現状把握につとめてきました。

 

breed016-004.jpg  breed016-003.jpg

(左:竹下秀子先生  右:講演会の様子)

 

そして発達検査の診断は、脳性麻痺により障害(軽度の右片麻痺)があるというものでした。

その結果をふまえて誕生日の記念講演にてミルキーの現状をお知らせするとともに、皆さまの応援をお願いしました。

今後は、ミルキーの生活が少しでもより豊かになるように専門家と相談しながらリハビリを継続していく予定です。
この飼育日記ではミルキー誕生からこれまでの成長記をお伝えします。

 

breed016-002.jpg

 

(ミルキー誕生日おめでとう!こちらは、みなさんからいただいたメッセージです)


*はじめに
*生後日数0日の日記

*人工哺育について考える

*1歳の誕生日をむかえるまで

*2歳の誕生日をむかえるまで

*食べる

main_03.jpg
icon_blog.png飼育日記一覧