*

今年のムササビは神経質?!

 今、野生動物保護棟でムササビの赤ちゃんを育てています。このムササビは室戸市の道路に1頭でいるところを発見され、保護した方が6日間ミルクを飲ませてくれました。ムササビは木の洞(うろ)などに巣を作って子育てをするのですが、発見した道路が森の中だそうで、巣から落下してしまったのかもしれません。動物公園にやってきた時、まだ眼は開いていませんでした。
 ムササビは犬用のミルクを哺乳瓶で飲ませて育てます。このムササビは順調に大きくなっていますが、最近はイヤイヤ期のような時期なのか、両手で哺乳瓶を押し返して「飲まない!いらない!」と抵抗してくることが多く、育児の難しさを痛感しています。夜行性のムササビ、野生では赤ちゃんは昼間巣の中でお母さんと寝ていて、お腹が空いて飲みたい時におっぱいを飲んでいると思われます。それに比べ、動物公園では2時間おきに起こしてミルクを与えるので、眠かったり飲みたくない時もあるでしょう。眠いのにゴメンねと言いながら、飲んでもらうために、毛布に包んでみたり寝かせてみたりと色々試しながらやっています。
 それから、このムササビは今まで保護された他のムササビに比べ警戒心が強く神経質なようで、ミルクを飲んでいても、ちょっとした音や動きでサッと飲むのをやめてしまいます。警戒心が強いのは野生動物らしくてとてもいいことなのですが、やっと飲み始めたミルクを中断されてはたまりません。毎回、動かないように音を立てないように、細心の注意でミルクを与えています。
最近、歯がしっかり生えてきたので、ミルクと並行してスティック状に切ったリンゴや皮をむいたクリの実、ヤマモモの葉をかじることができるようになり、大きなケージに引っ越しました。離乳の日も近いかな?それまでは、ミルクタイム頑張ります!

*
動物公園での初日、まだ目は開いていません。

*
目が開き、ムササビらしい可愛らしい顔に。

*
尾が長くてフサフサになってきました!

*
ケージに取り付けた巣箱の中がお気に入りです!