*

ウンピョウ<リュウ>の検査

11月18日の休園日、ウンピョウの<リュウ>に健康診断のため麻酔をかけました。
直接触れないので、麻酔銃を使って眠らせて体重を測り、その後、動物病院の診療室まで運んで血液検査・レントゲン検査、歯石の除去とブラッシングなどを実施しました。

*
体重測定

*
移動中


<リュウ>は現在16歳で、高齢になってきています。検査の結果、腎臓が悪いことがわかりました。動物も人と同じで、高齢に伴い色々と内臓疾患が起こってきますが、ネコの仲間は年を取ると腎臓病になることも多いです。
慢性腎臓病(少しずつ進行してくる腎臓病)の治療は、人では人工透析や腎移植などを行うこともありますが、動物ではなかなかそこまでできません。
今のところ食欲も元気もあるので、腎臓の残った機能をできるだけ長く維持できるように、今後は色々なサプリメントやお薬、水分補給などを行って、<リュウ>の体を支えていきたいと思っています。

*
採血

*
歯石除去


ウンピョウは現在、生息地の開発や毛皮目的の密猟などで絶滅の恐れがとても高い動物です。動物園でも飼育しているところが少なくなり高齢化も進んでいます。地球上からウンピョウが居なくなってしまうようなことがないことを願うばかりです。

<リュウ>は日中高い木の上でのんびり寝ていることが多いので、展示場に着いたらまずはしゃがんで上の方を見てみましょう。そこにいない場合はガラス面のすぐ近くに居たり、下の方や植栽のあたりを散歩しているかもしれないので探してみてください。
とってもかわいい<リュウ>に是非会いに来て下さいね!

*
麻酔から覚めた凜々しい<リュウ>