*

レッサーパンダが生まれました。

  

 レッサーパンダのみたらしが出産しました。当園でのレッサーパンダの繁殖は12年ぶりです。

 

 今年2〜3月にオスのカイ君はみたらしと交尾しようと繰り返し挑みましたが、みたらしは遊びの一環のようにゴロンと寝っ転がってしまっていました。

何十回とカイ君がマウントを試みているのを観察しましたが、みたらしが上手く交尾の姿勢を取れたのは一度も確認できませんでした。

 しかし、4月上旬から徐々にみたらしの体重が増え始め、6月には乳頭や腹部、陰部の形に変化が見られ始めました。そこで7月からみたらしとカイ君の同居を中止しました。

そして7月17日、みたらしが巣箱にこもって出てこず、巣箱の中から「ピーピー」という小さな声が聞こえました。7月23日、みたらしが隣室でリンゴを食べている隙に巣箱を開けてみたところ子1頭を確認しました。

 みたらしは初産ということもあり、最初は少し神経質になっていましたが、とても上手に子育てしています。

 

 レッサーパンダの子どもは生後2〜3ヶ月の間、巣箱の中で過ごすため、皆さんにご覧いただけるのはまだ先になりますが、みたらしの子育てを見守りつつ、またホームページで様子をお伝えしたいと思います。

 

 

6日齢

 

体重測定の様子 12日齢