温帯の森
アメリカビーバー
カワウソ
レッサーパンダ
アシカ
カナダヤマアラシ
ミズドリ
カナダヤマアラシ
yamaarasi_001.jpg
  ワシントン条約による分類 -規制対象外-
英名 North American porcupine
学名 Erethizon dorsatum
分類 齧歯目 アメリカヤマアラシ科
分布 アラスカ、カナダ北部からメキシコ北部までの北アメリカ
体重 3.5〜18kg

 カナダヤマアラシは現在、お休みしています。

動物説明
 昼間は樹上や地中に掘った穴で休んでいることが多く、早朝や夕方に餌を求めてよく活動します。がっしりとした体型で、背中はほぼ全体にトゲで被われています。指先には大きな鋭い爪があり、この爪と毛の生えていない足の裏を使って木に登ります。草食性で、木の枝、皮、葉などを好んで食べます。♀は初夏に1頭の子を産みますが、子は生まれてすぐに歩くことができ、数日後には木登りもできるようになります。
みどころ
yamaarasi_002.jpg  夜行性のため、昼間は岩の凹みなどで休んでいることが多いのですが、動き出すと立木や倒木に登るなど、意外と活動的になり、愛嬌のある顔を見せてくれます。木登りは上手ですが、降りる時は何とも危なっかしい降り方をする時があるので、見ているとハラハラします。3万本もあるといわれるトゲは、普段は毛の中に隠れるようにありますが、相手に対して威嚇する時に毛を逆立てて、この鋭いトゲをさらけ出します。昼の給餌や夕方の収容時には、この状態によくなります。
個体情報

「メイプル」(メス)

2007年8月に、オランダよりやって来ました。高知の夏の暑さは、苦手なようです。

ウラ情報
yamaarasi_003.jpg  大きな特徴となっているトゲですが、場所によって差がありますが、3〜6cmほどの長さがあります。黒色の先の方は、先端から触るととてもスベスベとしているのですが、元の方から触るとザラザラとしており、敵などに対して刺さりやすく、一旦刺さったら抜けにくい構造になっていることがわかります。また、逆に白色のトゲの根元は先細りになっていて、自分の身体からは抜けやすくなっています。試しに動物の捕獲の時に使う革手袋に刺してみたら、簡単に刺さってしまいました。
1日の食事

メイプルは、リンゴ・ニンジン・サツマイモ・キャベツ・小松菜・食パン・動物用ペレット・どんぐりを与えていますが、かなりの偏食家で、季節によって食べるものと食べないものが変わります。

前のページに戻る △ページトップ